たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  立川市 立川市

2018年12月06日

中耳炎のはなし〜いながき薬局

【中耳炎のはなし】
耳は外側から、外耳、中耳、内耳に分けられます。中耳は鼓膜とその奥の耳小骨のある部分を言います。ここに炎症が起こるのを「中耳炎」といいます。


中耳炎には主に「急性中耳炎」「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」とありますが、放置しておくと難聴になる可能性もあるのでしっかりと治しましょう。

◆急性中耳炎・・・激しい耳の痛み、発熱、耳だれ、耳塞感など
細菌・ウイルス感染により炎症が起き、膿が溜まります。耳小骨に振動が伝わりにくくなり、耳の聞こえが悪くなる事もあります。

◆滲出性中耳炎・・・耳の聞こえが悪くなる、咳・鼻水・鼻づまりが数日間以上続く、痛み・発熱は無い
細菌・ウイルス感染により炎症が起き、鼻やのどにつながる耳管がふさがる事で浸出液が内耳にたまります。

◆慢性中耳炎・・・耳だれが増える、鼓膜が破れやすくなる、耳の聞こえが更に悪くなる、めまい、耳なり
急性中耳炎を繰り返すうちに慢性化。鼓膜の一部が内耳に入りこみ塊を形成する「真珠腫」に注意。真珠腫が大きくなると顔面神経麻痺になったり、髄膜炎・脳炎を起こしたりする事もあります。

いずれの中耳炎も後遺症を残さないためにも、早めの受診をしましょう。
お子様の場合、鼻水はこまめに吸ってあげる事が予防の一つです。
いながき薬局では、詰まってる鼻水を出しやすくする「ベビーミスト」を販売しています。




  • Posted by いながき薬局(立川市) at 11:08│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    中耳炎のはなし〜いながき薬局
      コメント(0)